キャンピングカーのLPガスヒーター利用方法

キャンピングカー内臓のLPガスヒーターをご利用いただけます。バッテリーでの利用も可能ですが、長時間のご利用には耐えかねるため、AC電源を接続した状況でご利用いただくことを推奨しております。

※走行中は利用できません。危険ですのでご注意ください。

①扉を開け、LPガスの元栓を2箇所開ける

キャンピングカー左方、ドアより後方にあるドアを開けます。Bと書いた鍵ではなく、もう一つの丸い鍵です。扉を開けましたら、中に2つある元栓を開けます。(ボンベ上、その先のホース元)

②キャビン内の冷蔵庫近辺の床と壁の部分にあるスイッチを上に上げる。音が鳴り止むのを待つ。

エラー音がなった場合は、もう一度やり直してください。

③キャビン内ヒータースイッチをONする

ONにすると、送風口(1箇所)から風が出始めます。1分ほど経つとヒーターに点火し、暖かくなります。暖かくならない場合は、再度おためしくださいませ。

※火事になりますので、送風口にはものを置かないでください。

※OFFにしても冷却のため数分はファンが作動することがあります。

詳しくは、マニュアルのp.14~16を御覧くださいませ。

④利用後は逆の手順で走行する前に必ず元通りにしてください

※LPアラームのスイッチを切り忘れるとバッテリーが上がる場合がありますので、お気をつけください

※LPガスの元栓はしっかりと締めてください

・緊急連絡先:050-5329-4851
・マニュアル等:https://aoshima.tripbase.jp/how-to-use/