キャンピングカーレンタカーを利用して、5日間の旅をされたK夫妻の利用体験レポートをお送りします。

定年退職後の休みを利用して

定年退職後、長年してみたいと思っていたキャンピングカーでの日本一周の旅。

自分自身でキャンピングカーを買うまでは無いものの漠然と憧れがあったところで、TRIPBASEさんを知りました。

今回日本一周とはいかないものの、行き先を決めず自由気ままに行けるところまで行こう!と妻と計画して、キャンピングカーをレンタルし、楽しみにしていた旅がスタートしました。

はじめてのキャンピングカーと対面

宮崎市は青島近くの、TRIPBASEAOSHIMAにてキャンピングカーの受け渡しへ。はじめて利用するキャンピングカー。操作方法など担当の方から説明を受けました。少し覚えるのに不安がありましたが、マニュアルがあるのと、コツを教えてもらえたのでようやく理解できました。色々な装備があるのはキャンピングカーならではですね。

いよいよ出発。宮崎からスタート!高速での旅の始まりです

今回の旅は夜に出発です。まず初日は九州を出るところを目標にスタート。車体も大きいのでスピードは出ませんが、のんびりした気分でゆったりドライブ。途中パーキングエリアに寄り道しながらゆっくり移動しました。夜中には九州と本州の関門海峡まで到着。

1泊目は下関のパーキングエリアで車中泊となりました。パーキングエリアなら、食事もできますし安心してゆっくり出来ました。

はじめてのキャンピングカー宿泊でしたが、TVも見られて快適!ゆっくり休むことができました。

2日目はいよいよ本州へ突入!まずは山口県岩国市の錦帯橋(きんたいきょう)へ。木造の錦帯橋を背景にパシャリ。

午後は、広島の観光名所をキャンピングカーで目指して
広島と言えば、宮島。
水上に浮かぶ厳島神社は何度来ても素晴らしいですね。

2泊目は広島にて車中泊でした。
私達夫婦は温泉巡りが趣味なので、温泉に入ってキャンピングカーで泊まれるというスタイルが楽しめました。

3日目は鳥取県を目指し中国自動車道で北上
途中のパーキングエリアで大山(だいせん)を背景に撮影

そして、今回の最大の目的でもある鳥取砂丘に到着
どこまでも広がる広大な砂漠は圧巻でした

3泊目は以前も利用させてもらった居酒屋で食事をし、出雲市内のパーキングで車中泊しました。

4日目は宮崎を目指し再び中国自動車道で南下。
途中の壇ノ浦パーキングエリアにて。背景には開門海峡のシンボルともいえる関門橋が

その日のうちに宮崎県に戻ってくることができました。

キャンピングカーの旅を終えての感想

通常の旅行であれば、旅の計画に沿って宿泊先を確保しなければなりませんでしたが、
キャンピングカーを利用すれば自分たちの行きたいところを自由に走りながら夜は好きなところでゆっくりと休むことができるのが良かったです。
アウトドア好きな方であればキャンプをしながらの旅行も楽しいかもしれませんね。
ただ、冒頭でも述べましたように、キャンピングカーはスピードが出ないので普通車よりもゆっくりとした旅になります。
あとは、給油の頻度も普通車より多いかもしれません。

・今回のご利用プラン:120時間利用プラン(105,000円)
・ご利用車種:グローバルチャンプ